Classroom

教育関係者、プレゼンテーション向けリモートデスクトップ

Splashtop Classroomは、教師や講師のPC画面を生徒のデバイスにリアルタイムで転送して授業を行える教育関係者、プレゼンテーション、法人向け画面転送&共有ソリューションです。PCを使用した授業では、教師のPC画面を大型テレビやプロジェクタに表示しますが、生徒から見えづらかったり、双方向でのコミュニケーションが取りにくいなどの問題があります。

Classroomを使用することで、教材や問題集の画面表示を生徒たちの手元のデバイスで見ることができるため、生徒の理解力や読解力を高める授業を行うことが可能になります。Classroomは、教師PCの操作画面だけでなく映像教材をリアルタイム配信して生徒たちのデバイスで動画を視聴できるほど高速で快適な画面転送技術を採用しています。また、リモートセッション中の授業内容を動画として録画する機能も備えています。これにより授業に参加できなかった生徒に内容をシェアしたり、復習教材として使うことも可能です。

Classroomのセットアップは簡単です。教師のPCにStreamerアプリ、生徒のデバイスにSplashtop Classroomアプリをそれぞれインストールするだけです。そして教師のStreamerアプリで表示されるQRコード、もしくは9桁のセッションコードを生徒のデバイスに読み込ませることで画面共有が開始されます。教師が使用する画面共有元コンピュータはWindows、Mac、生徒が使用する共有先デバイスは、Windows、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスに対応しています。

画面共有中のモバイルデバイスに操作権限を与えることで、iPadなどから操作が可能になります。これにより教室内を移動しながら、生徒の近くに寄り添って問題を解いたりするなど、インタラクティブな授業が可能です。

また、モバイルデバイス上から画面に注釈を追加できるホワイトボード機能が搭載されています。ホワイトボード機能では、重要部分をカラーペンで強調したり、フリーハンドで文字や印、図を書いたり、丸、矢印、スタンプ(チェック、スマイル)などを追加することができます。生徒に操作権限を与えれば、画面上に書き込みをして問題を解くことも可能です。 ホワイトボード機能は、iPad、iPhone、Androidなどのモバイルデバイス上でご利用になれます。

Classroomは、ローカルネットワーク内だけでなくインターネット経由でも画面共有が可能なためリアルタイムによる通信教育、遠隔地からのプレゼンテーションや打ち合わせ資料の共有などにも活用できます。

先生・発表者の画面を
タブレットに

画面配信の設定は簡単です。プロジェクタやモニタに表示されたQRコードを受講者がタブレットで読み込むだけです。Splashtop Classroomを導入することにより授業やプレゼンテーションの表現の幅が広がり効率化もでき、さらには働き方改革、教育改革を実現します。

歩きながらの
授業プレゼンが可能

PCの前に座ったまま授業やプレゼンをする必要はありません。PC操作は先生や発表者のタブレットからも行えるため、歩きながら操作をしたり、各々の生徒や受講者と密にコニュニケーションを取りながら授業、プレゼンテーションを行うことができます。

初期費用¥0

ホワイトボード機能で
画面に書き込み

画面に映っている授業内容やプレゼン資料にリアルタイムでマークを入れたりメモ書きが可能です。これにより効果的で臨場感のある授業、プレゼンテーションを行えます。さらにマークを入れた画面や動画は保存してデータ共有も可能です。

システム要件

生徒、受講者デバイス
(クライアント)

iPad / iPhone
Android タブレット / Android スマホ
Windows / Mac

対応OS
iOS 9.0 以降
Android 4.0 以降
Windows 10 / 8 / 7
Mac OS X v10.7 以降

講師PC
(ストリーマー)

Windows / Mac

対応OS
Windows 10 / 8 / 7
Mac OS X v10.7 以降