リモートデスクトップなら

splashtop

  • 【法人専用】ご購入受付

    【法人専用】ご購入受付

  • contact

【法人専用】ご購入受付

0120-066-6450120-066-645

こちらは法人様専用のアプリ購入のための専用ダイヤルです。

無料トライアルはこちら

※ご購入後のお客様の技術的サポートは受け付けておりません。

VPNとは? 仕組みやメリット・デメリット、専用線との違いを解説!

VPNとは? 仕組みやメリット・デメリット、専用線との違いを解説!

facebook

twitter

新型コロナウイルスの影響により、多くの企業でリモートワークの実施が広まりつつあります。そんななか、安全な拠点間通信のためにVPNを利用している、もしくは検討しているという企業も多いのではないでしょうか。

しかしVPNには、一度に大人数が利用すると速度が低下してうまく接続できなかったり、導入費用が比較的高額になってしまうというデメリットが存在します。さらに、近年ではセキュリティ上の課題も明らかになってきています。

安全なリモートワーク環境を整えるためには、VPNをはじめとする拠点間通信技術の仕組みや自社にあったリモートワーク環境の構築・ツールの選択が必要不可欠です。この記事では、VPNの基礎からVPNに代わるリモートワーク環境の構築ツールについて紹介します。

・VPNとは? 接続の仕組み・種類

・専用線とVPNの違い

・VPNのメリット 通信を暗号化できる リモートワークが実現できる 専用線に比べて低コストで拠点間通信が実現できる

・VPNのデメリット セキュリティ管理の課題 通信速度の課題 コストの課題 導入期間の課題

・VPNなしで安全・快適なリモートワークをかなえるには?

VPN接続の仕組み・種類

はじめに、VPNの基礎知識として、仕組みや種類を紹介します。

インターネット上に仮想の専用線を作る

VPNとはインターネット上に設置する仮想の専用線のことで、特定の人だけが利用可能な専用のネットワークのことを指します。トンネリング・暗号化などの技術によって強固なセキュリティが構築され、比較的安全に通信が行なえます。

しかし、近年では無料VPNサービスなども登場しており、すべてのVPNに安全性が確保されているとはいえません。VPNの種類や利用するプロトコルによっても安全性は異なってきます。

4つのVPNの種類

VPNは大きく4つの種類に分けられます。それぞれに特徴があるので、利用者数や安全性などの観点から最適なVPNを選択することが重要です。

インターネットVPN

インターネットVPNは既存のインターネット回線を利用していて、4種類のなかで最も安価で手軽に実現できるVPNです。ただし、通信速度や品質は利用するインターネット回線に依存するため、大人数での利用には向いていません。

IP-VPN

IP-VPNは、通信事業者が専用に用意している閉域網を利用したVPNです。閉域網はインターネットと異なり、契約者のみが利用できるネットワークを表します。閉ざされたネットワークであることから安全性が高く、通信帯域も確保されていますが、コストは高くなります。

エントリーVPN

エントリーVPNは、ADSLなどの安価なブロードバンド回線と閉域網を利用したVPNです。エントリーVPNはIP-VPNと似ていますが、IP-VPNよりも安価に導入できる点が特徴です。ただし、通信帯域の保証などがないため、通信速度は遅くなる可能性があります。

広域イーサネット

広域イーサネットは、IP-VPNと同様に通信事業者が用意した閉域網を利用しますが、広域イーサネットはより柔軟なネットワーク環境の構築が可能です。VPNだけでなく、拠点間のネットワークを同一拠点内のように利用するLANの構築も行なえます。

一方で、ネットワークの設計に関する専門知識が求められる、回線のコストが高く選択肢が少ない、といったデメリットがあります。

目次へ戻る

4つのVPNプロトコル

プロトコルとは通信規約のことであり、VPNプロトコルはVPNを構成する規約・技術を表すものです。VPNを利用する際には、どのようなVPNプロトコルが利用されているかを理解することで、安全なVPNかどうかを判断できるようになります。

IPsec-VPN

IPsec-VPNは暗号技術を用いて通信内容を暗号化し、改ざんの検知などが行なえるプロトコルです。専用ソフトなどの導入が必要ですが、安全性が高い点が特徴となります。

L2TP

L2TPは仮想トンネルを作成するためのプロトコルですが、単体では通信の暗号化が行なえません。そのため、IPsec-VPNと組み合わせて利用されることが多くあります。

PPTP

PPTPはWindowsとの相性が良く、VPNが登場した当初から利用されてきたプロトコルです。手軽に導入でき、通信速度が速いというメリットがありますが、セキュリティ面に不安があるため現在ではあまり利用されていません。

SSL-VPN

SSL-VPNは、暗号化の際にWeb上で用いられるSSL技術を利用するプロトコルです。IPsec-VPNでは暗号化に専用ソフトなどが必要ですが、SSL-VPNは設定がシンプルなうえにWebブラウザでも対応できるため、リモートワークに適しています。

ただし、手元のパソコンから離れた場所のパソコンが遠隔操作できる、リモートデスクトップ機能(Windowsに標準装備されている機能)と比較すると、コストが高くなります。

目次へ戻る

専用線とVPNの違い

専用線とVPNの違い

VPN(仮想専用線)についての理解を深めるために、専用線との違いも見ていきましょう。

専用線とVPNは、閉ざされたネットワーク内で安全に通信を行なうという点では同様ですが、専用線は物理的にネットワークを構築するのに対し、VPNは論理的にネットワークを構築するという違いがあります。

専用線は物理的に閉ざされた専用のネットワークなので、回線を独占し、大容量のデータをやり取りすることが可能です。ただし、接続できる範囲は1対1(本社と拠点)に限られ、拠点間の通信ができない、拠点間の距離が開くほどコストが高くなるなどのデメリットがあります。

一方、VPNは仮想的に専用線を作り出す技術のため、接続できる範囲は1対1に限られません。例えば、本社と名古屋支社、広島支社といった複数拠点間の通信も可能です。また、VPNは拠点間の距離が開いてもコストが高くなることもなく、安全性を保ちながらコストを抑えて専用線を仮想的に用意できる技術といえます。

目次へ戻る

VPNのメリット

ここではVPNの代表的なメリットを3つ紹介します。

通信を暗号化できる

VPNは通信内容を暗号化して仮想的な専用線で通信を行なうため、安全な通信環境を確保できます。遠隔地から社内のネットワークに接続し、社内システムやファイルサーバーなどを安全に利用することが可能です。

リモートワークが実現できる

遠隔地から社内ネットワークを安全に利用できるため、リモートワークが実現できます。2019年に働き方改革が施行され、近年では新型コロナウイルスの影響によってリモートワークや在宅勤務が特に重要視されています。新しい働き方を実現するための技術の一つとしても、VPNは活用可能です。

専用線に比べて低コストで拠点間通信が実現できる

安全な専用ネットワークを構築するだけであれば、専用線という選択肢もあります。しかし前述したとおり、専用線はコストがかかるうえに1対1の接続しか行なえません。対して、VPNはコストを抑えながら拠点間通信を実現できます。

これらのメリットを見ると、VPNは複数の拠点間で、比較的簡単に安全な通信環境を構築したい場合に向いているといえるでしょう。

目次へ戻る

VPNのデメリット

VPNには、実はデメリットといえる課題も存在します。VPNを利用するのであれば、これから紹介する課題についてもしっかりと理解しておくことが重要です。

セキュリティ管理の課題

VPN環境の設定がしっかりと行なわれていなかったり、利用する機器のアップデートなどが定期的に行なわれていなかったりすると、脆弱性を抱えることになります。その結果、情報漏えいなどのセキュリティ事故につながることは十分にありえます。

VPNは本当に安全なのか? VPNに潜むセキュリティリスクを解説!

VPNは本当に安全なのか? VPNに潜むセキュリティリスクを解説!

通信速度の課題

VPNの種類や利用するVPN機器の性能によっては、通信速度が利用者数に左右されたり、うまく接続できなかったりすることも考えられます。

利用者にとって快適な通信環境を実現するためには、しっかりとしたネットワーク環境の設計が必要です。単にVPNを導入しただけでは、失敗してしまうことがあるので注意しましょう。

VPNが遅い!繋がらない! 原因と対策をテレワーク導入前にチェック

VPNが遅い!繋がらない! 原因と対策をテレワーク導入前にチェック

コストの課題

VPNは専用線に比べれば低コストで導入できますが、軽視できるほど安価なわけではありません。VPNのサービスにはさまざまな種類が存在しますが、低価格のサービスは通信速度を維持できなかったり、トラブル発生時の対応が遅れたりする可能性があり、強固なVPN環境の構築には向きません。

コストと質のバランスを取りながら、最適なVPNサービスを選択することに労力がかかる点も、デメリットの一つといえるでしょう。

導入期間の課題

VPNを導入する際にはハード面の準備だけではなく、導入範囲を定めたり、運用ルールの設定を細かく行なったりなど、ソフト面の準備も行う必要があります。そのため、導入までに数ヵ月~1年ほどかかることは少なくありません。

昨今の新型コロナウイルスによるリモートワーク対応など、早急な対応が求められる緊急事態に見舞われた際には、VPNの導入期間の課題はネックになる可能性があります。

目次へ戻る

VPNなしで安全・快適なリモートワークをかなえるには?

リモートワークを実現する手段として注目されているVPNは、多くのメリットを持つ反面、いくつかの課題も存在します。リモートワークやテレワークが一般的になりつつありますが、これらを実現する手段はVPNだけではありません。

VPN以外の手段の一つとして、リモートデスクトップというソリューションが挙げられます。しかし、従来のリモートデスクトップでは、攻撃者による不正アクセスのリスク回避のため、VPNを介して導入されるケースが一般的でした。

一方、リモートデスクトップサービスの「Splashtop」は、VPNと併用せずとも簡単に導入でき、安全かつ快適なリモートワーク環境を構築できるソリューションです。

SSLによる暗号通信や2段階認証により高度なセキュリティを実現しており、VPNの課題となっていた通信速度に関しても、秒間30フレームの高速描写で快適な環境を構築できます。またSplashtopは、VPN導入時のような複雑なセットアップも不要のため、短期間での導入が可能です。インタフェースも使いやすく、わかりやすい操作感で、導入後も簡単に操作を覚えられるでしょう。

>【無料トライアル実施中】Splashtopについて詳しく知りたい方はこちら

リモートワークやテレワークを実現する手段はVPN以外にもあります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、検討を進めてみてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

関連記事

VPNと情報漏洩 過去の事故から検証する危険性と対策

VPNは危険? 情報漏洩事故から見るセキュリティ対策の重要性と手段

脱VPNの鍵はゼロトラスト! VPNが抱える課題とその解決方法とは?

脱VPNの鍵はゼロトラスト! VPNが抱える課題とその解決方法とは?

リモートデスクトップとは テレワーク普及であらためて注目

リモートデスクトップって何ができるの? 仕組みや製品、VDI・VPNとの違いを解説!

テレワークの長期化 最適なのはVDI?VPN?リモートデスクトップ?

テレワークで注目のVDIとは? VPNとの違い、仕組みやメリットを紹介

VPNのセキュリティ 本当に安全か?潜むリスクと対策

VPNは本当に安全なのか? VPNに潜むセキュリティリスクを解説!

VPNが遅い理由 テレワーク時に知っておきべき対策

VPNが遅い! 繋がらない! 原因と対策をテレワーク導入前にチェック

目次へ戻る