17

2020/1/7

SplashtopがLinuxコンピュータへのリモートアクセスに対応


Windows、Macへの快適なリモートアクセスが可能な「Splashtop」がLinux OSにも対応しました。外出先のWindows、Mac、iOS、Android、ChromebookデバイスからLinuxを搭載したコンピュータにリモートアクセスすることができます。Linuxは、様々な研究機関やサーバー用途などで利用されているフリーかつオープンソースのOSです。


Linuxへのリモートアクセス

コンピュータやタブレット、スマホなどのモバイルデバイスからLinuxへの遠隔操作が可能になります。これにより、IT技術者やMSP(マネージド・サービス・プロバイダ)が遠隔のLinux PCにリモートアクセスしてサポートを行うなども可能になります。

今回リリースされたSplashtop Streamer for Linuxは、Ubuntu version 16.04、18.04に対応しています(2019年12月時点)。手元のクライアントは、Windows、Mac、iOS、Android、Chromebookのデバイスに対応しています。


Splashtop Streamer for Linuxのセットアップ方法

1. Splashtopアカウントを作成します。すでにアカウントをお持ちの方はそのままご利用いただけます。


2. リモートしたいLinux PCに、ダウンロードページ(英語)からSplashtop StreamerアプリのLinux版をダウンロードしてインストールします。インストール後、Streamerアプリを起動してください。(標準設定ではLinux OSが起ち上がるとStreamerアプリも自動起動します)


3. 手元で使用するデバイス(Windows、Mac、タブレットPC、スマートフォン)にSplashtop Businessアプリをダウンロードしてインストールします。


4. それぞれのデバイスでStreamerアプリとSplashtop Businessアプリが起動した状態でインターネットに接続、Splashtopアカウントでログインすることでリモートアクセスを開始できます。

* Splashtop Linux Streamerアプリは、Ubuntu versions 16.04、および18.04に公式対応しています。その他のバージョンのLinux ディストリビューションは現在のところサポート対象外です。


Splashtopは、VNCなど他社のリモートデスクトップ製品と比較して、例えばIPアドレスの入力などの複雑なネットワーク設定の必要がありません。Splashtopのリモートデスクトップに必要なのはアプリ、Splashtopアカウント、パスワードのみです。




Windows → Linuxにリモートアクセス

WindowsからLinuxへのリモートの大きな特徴は、手元PCの大画面モニタとキーボードとマウスを使用して操作できる点です。これにより手元PCのローカル上でLinuxが起動し操作しているかのような快適でスムーズな作業が可能になります。



Mac → Linuxにリモートアクセス

WindowsからLinuxへのリモートアクセスと同様に手元のモニタ、キーボード、マウスをそのまま使用して快適なリモート操作を行うことが可能です。


iOS → Linuxにリモートアクセス

iPhone、iPad共通のiOSアプリをインストールすることでiOSデバイスからLinux PCにリモートアクセス可能です。マウスカーソル移動、マウスボタン、キーボードなど全ての操作をタッチパッド上で行います。限られたスペースのタッチパネル上で快適に操作ができるようマウスホイール、アローキーなどのボタン表示/非表示、レイアウト変更も可能です。また、ピンチ操作でリモート先PC画面の拡大縮小機能もあるため細かい文字表示や文字入力もスムーズに行えます。



Android → Linuxにリモートアクセス

Androidスマートフォン、Androidタブレットで使用できるSplashtop Businessアプリは、iOS版とほぼ同様の機能を備えています。iOSを含め、これらのモバイルデバイスによるリモートアクセスの特徴はLTEやWi-Fiによるインターネット接続があれば、外出先や移動中など場所や時間を問わずに手軽にPCへリモートアクセスできるのが特徴です。また、会社内や自宅などローカルネットワーク内でリモートすれば、自席PCの資料を持ち出さずに会議室でプレゼンすることなども可能です。


Chromebook → Linuxにリモートアクセス

Chromebookからのリモートの場合、Google Chrome機能拡張を使用します。通常のアプリと同様Splashtopアカウントでログインしてリモートアクセスが可能になります。


Linuxへのリモートが可能なSplashtopシリーズ

Splashtop Streamer for Linuxは、Splashtop Business(Pro)、Splashtop Remote Support、Splashtop On-Demand Support (SOS)でお使いいただけます。対応OSは、Ubuntu versions 16.04、18.04です(2019年12月現在)。Splashtopシリーズは無料でお試しいただけるトライアルがございます。導入前にお客様の環境で動作確認してから安心してご契約いただけます。


Splashtop Business / Business Pro

手元のデバイスから遠隔のPCにリモートアクセスしてメール、資料閲覧、Excel編集など全てのPC操作を行える法人・商用向けリモートデスクトップソリューション

無料トライアルお申し込み


Splashtop Remote Support

システム管理者やIT技術者が遠隔地からコンピュータのサポートやメンテナンスを行える法人・商用向けリモートアクセス&サポートソリューション

無料トライアルお申し込み


Splashtop On-Demand Support(SOS)

サポート技術者が遠隔地からPCやモバイルデバイスにアクセスしてサポートを行えるオンデマンドリモートサポートソリューション

無料トライアルお申し込み



データ提供元(英語) - How to Remote Access Linux Computers with Splashtop

一覧へ戻る