リモートデスクトップなら

splashtop

  • 【法人専用】ご購入受付

    【法人専用】ご購入受付

  • contact

【法人専用】ご購入受付

0120-066-6450120-066-645

こちらは法人様専用のアプリ購入のための専用ダイヤルです。

自動トライアルはこちら

※ご購入後のお客様の技術的サポートは受け付けておりません。

Splashtop Enterprise CloudNutanix AHVに対応しています

Nutanix AHVはNutanixの機能を最大限発揮させるために開発された無償のハイパーバイザーです。Splashtop Enterprise CloudはすでにNutanix AHVに対応済です。

今後のネットワークインフラのスタンダードNutanixにSplashtopを導入することで、リモートコンピューティングは一気に加速します。

IT運用を劇的にシンプルにしたNutanix

IT運用を劇的にシンプルにしたNutanix

海外ではトップクラスの知名度を誇るNutanix。Nutanixは『ハイパーコンバージドインフラストラクチャーソリューション(HCI)』のパイオニアとしてデータセンターの設計・構築・管理を劇的にシンプルにしました。クラウドシステムを使っているということを意識する必要がないほどシンプルな統合型(アプリ、データ、およびクラウドサービス)プラットフォームです。

Nutanix社はリモートアクセス及びリモートサポートソリューションのツールとしてSplashtopを奨励しています。HCIの導入でITインフラの運用が効率的になり、さらにSplashtopというツールを加えることで、仮想マシンだけでなく、物理コンピューターへのリモートアクセスをシンプルなプロセスで可能にしています。

Nutanix社パートナーページ(英語)

Hyper-Converged Infrastructure(HCI)とは?

HCIはより簡単に仮想化されたインフラを利用したいというユーザーのニーズから生まれました。完全にソフトウェア定義であり、専用のハードウェアに依存することがありません。各HCIノードは、ハイパーバイザー(Nutanix AHV、VMware ESXi、またはMicrosoft Hyper-V etc.)を実行し、HCIの制御機能は全てのノードで個別の仮想マシンとして動作させることができます。

NutanixはBlockと呼ばれる筐体の中に1~4台のNode(ブレードサーバのブレードのようなもの)を格納することができます。NodeにはCPUとメモリ、ディスク(SSD、HDD)が搭載されています。Nutanix独自のハイパーバイザーを利用して仮想化され、ひとつの大きな共有ストレージと化します。最低3台のNodeをそれぞれ10GbEスイッチに接続して各種設定を行うことでNutanixは利用可能になり、仮想化基盤に必要なサーバ/ストレージの省スペース化を実現しています。

Hyper-Converged Infrastructure(HCI)とは?

Nutanixのここがすごい!

software-defined

software-defined

Nutanixは多くの機能をソフトウェアデファインドとして提供しています。機能をソフトウェア化することで、I/Oパフォーマンスの課題を解決する新たな機能が素早く使えるようになります。

仮想化されたインフラだけでなくパブリッククラウド、アプリケーションをWEBベースの統一画面で管理することができます。わかりやすく直感的なUIデザインはユーザービリティが非常に高く、この統一画面を使って、データ分析やリソース予測が可能です。

high-performance

high-performance

Nutanixはデータを多重化して複数のノードに書き込むことで、分散してボトルネックを排除し、冗長化を実現しています。そしてデータのうち一つはローカルに保存されます。

これにより、仮想マシンからのデータ読み込みをネットワークを介さず、ローカルのサーバーから優先的に呼び出すことができます。ネットワークトラフィックの発生を軽減できる"データローカリティ"がNutanixのハイパフォーマンス(高速性)を実現しています。

self-repair

self-repair

Nutanixはディスクの故障だけではなく、ノードに不具合が発生した場合でもデータを保護し、サービスを不停止で継続できる仕組みが備わっています。

近年、ディスクの冗長化でよく使われるRAIDは利用せず、すべてのデータを分散させることでひとつのNodeに不具合が生じてもシステムは止まりません。また故障などで壊れたNodeを交換した場合は、そのNodeを認識して、再びデータをコピーするまでを自動的に行い自己回復します。

Splashtop×Nutanix国内企業ですでに稼働中

金融インフラを担う業界屈指の国内企業で、NutanixにSplashtop Enterprise Cloudを搭載したVDIによるシンクライアントがすでに稼働しています。同社では下図にあるようにファイルサーバーのアクセス権限を分け、ファイアーウォールは外向きのHTTPSのみ有効可されています。

Splashtop Enterprise Cloudは管理コンソールがブラウザで共有でき、任意のデバイスから”仮想マシンだけではなく物理コンピュータ”へのアクセスも可能です。SplashtopとNutanixを組み合わせることで、利用シーンに合わせて仮想マシンと物理コンピューターを使い分けることがブラウザ画面で簡単にできます。

Splashtop×Nutanixは国内企業ですでに稼働中

Nutanix AHV

Nutanix AHV

AHVはNutanixが提供するLinux KVMをベースとして、エンタープライズ向け機能やセキュリティ強化を追加し、開発された無償のハイパーバイザーです。Nutanixが搭載できるハイパーバイザーはいくつもありますが、AHVはNutanixの機能を最大限発揮させるために開発されたハイパーバイザーです。

AHVはユーザーのニーズに応じた新しい機能が続々と追加されている、まさにユーザーライクなハイパーバイザーです。加えて、ハードウェアと共にNutanix社から保守サポートが受けられるため、いざというときも安心です。

AHVがサポートしている代表的機能

  • administrate

    1click アップグレード

    ファンデーション

    ホットスポット回避

    ADS/VM HA

    ホスト HA

  • storage

    レプリケーション

    CBT

    VM セントリック DSF

  • hypervisor

    オープンSwitch

    CPU互換性

    ホットアド

    VM マイグレーション

Splashtop Enterprise Cloudここがすごい!

Splashtop Enterprise Cloudは、コンピュータへのリモートアクセスやリモートサポートする最もシンプルな方法です。Splashtopの画期的なパフォーマンスにより、コンピュータをリモートで使用すると、まるでコンピュータの前に座っているかのように感じられます。シンプルなフローとインターフェイスにより、技術的に知識のないユーザーでも簡単に使用することができます。

SSOの採用でIT技術者の負担が大幅軽減

Splashtop Enterprise Cloudには、海外ではすでにスタンダードになりつつある、ログイン情報をまとめてセキュアに管理できるSSO(シングルサインオン)が標準搭載されています。SAML 2.0認証方式を採用しているため、主要IDプロバイダと連携し、ユーザーIDとパスワードが一元化され、管理者側の負担を大幅に軽減させることができます。

簡単3ステップで導入完了アプリ操作もかんたん

①申し込み→②アカウント発行→③アプリダウンロード。このたった3つのステップだけで導入完了。導入の簡潔さに加えて、トレーニングをしなくてもすぐに始められる直感的なインターフェイスとわかりやすい操作性がsplashtopの特徴です。このシンプルな操作性がリモート作業を行うユーザーだけでなく、情報システムの運用サポートの負担も大幅に削減することができます。

OS・デバイス選びません

操作側はiOS・Androidデバイス、Windows・macOSに対応。接続先となる会社側PCは、Windows・macOSをサポートしています。たとえば、外出先で手元のwindowsノートPCから会社のMacに簡単接続。会社のMacのデータを手元で操作できます。

ご購入・お見積りは以下からお進み下さい

ご購入・お見積り

splashtop関連動画

  • 法人、商用向けリモートデスクトップ Splashtop Business

  • Splashtop 導入事例インタビュー

  • Splashtop Business

    Splashtop Business 使い方 (Excel)

  • Splashtop Business

    Splashtop Business 使い方 (Email)

  • 接続方法

  • 機能説明

  • ウェブ管理コンソール

  • 大量配布機能

  • 2段階認証

  • デバイス認証

  • パスワード再設定