リモートデスクトップなら

splashtop

  • 【法人専用】ご購入受付

    【法人専用】ご購入受付

  • contact

【法人専用】ご購入受付

0120-066-6450120-066-645

こちらは法人様専用のアプリ購入のための専用ダイヤルです。

無料トライアルはこちら

※ご購入後のお客様の技術的サポートは受け付けておりません。

SCIMとは? 概要、仕組み、SAMLとの役割の違いについて

SCIMとは? 概要、仕組み、SAMLとの役割の違いについて

facebook

twitter

企業においてシステムやサービスの導入が拡大するにつれて、課題となるのがユーザーのID管理です。クラウドサービスの導入が進み、業務で社内システムとクラウドサービスを併用する機会も増えています。

こうした複数のサービスやシステムにおけるID管理の際に重要な役割を果たすのがSCIMやSAMLです。クラウドサービスの利用が一般的になった今、これらのID管理技術は欠かせない要素となっています。

今回は、SCIMの概要や仕組み、およびSAMLとの役割の違いについて解説します。

・SCIMはIDプロビジョニングプロトコル SCIMの概要 SCIMが広く採用されるようになった背景

・SCIMの仕組み JSON+HTTPで認証情報をやり取り ユーザー認証情報の変更も自動的に同期

・SCIMとSAMLの役割の違い 役割の違い:IDプロビジョニングとフェデレーション 形式の違い:JSONとXML

・まとめ

SCIMはIDプロビジョニングプロトコル

SCIMは自動的なIDプロビジョニング(提供・同期)を実現するためのオープンな標準規格です。以下でより詳しくみていきましょう。

SCIMの概要

SCIMはSystem for Cross-domain Identity Managementの略称であり、複数のドメイン間でユーザーID情報のやり取りを自動化するために作られた規格です。

つまり、複数のクラウドサービスやシステム間でユーザーIDの整合性を取るように管理するプロトコル(規格)がSCIMとなります。

2011年に最初のバージョンであるSCIM 1.0が登場し、2015年にバージョンアップが行なわれて以降は、SCIM2.0が利用されています。

SCIMが広く採用されるようになった背景

SCIMが登場した2011年頃から、将来的にクラウドベースのテクノロジーが主流になることが予見されており、異なるドメイン間でのユーザー認証情報のやり取りが可能なプロトコルが求められていました。

当時からSCIMのようなユーザーID管理のためのプロトコルや仕様は多く登場していました。SCIMのほかには、SPML(Service Provisioning Markup Language)やITML(Information Technology Markup Language)、WS-Provisioningなどが代表的な例です。

しかし、これらのプロトコルは複雑な仕様やアプリケーションベンダーのサポートが少ないなどの問題を抱えていました。

こうしたなかSCIMでは、ユーザー管理の標準化や複雑な仕様を排除するなどの対策が進められ、結果多くのID管理製品に採用されて標準的な規格となっていきました。

そして、近年テレワークの増加などにより企業のクラウドサービス利用が本格化したことで、社内外のシステムのユーザーID管理を実現する手段としてSCIMが注目を集めています。

目次へ戻る

SCIMの仕組み

次に、SCIMが自動的なIDプロビジョニングを実現する仕組みについて解説します。

JSON+HTTPで認証情報をやり取り

SCIMはユーザー認証情報をJSON形式でHTTPを使ってやり取りします。

JSONとはデータ変換フォーマットのことであり、JavaScript Object Notationの略称です。JavaScriptの書き方をもとにしたデータ定義方法を表し、さまざまなサービスやシステムにおけるデータのやり取りで利用されています。

具体的には次のようなものがJSON形式のデータとなります。

            {
                "schemas": [
                    "urn:ietf:params:scim:schemas:core:2.0"
                ],
                "id": "0001",
                "userName": "tarotanaka@example.com",
                "externalId": "ttanaka",
                "name": {
                    "familyName": "tanaka",
                    "givenName": "taro"
                }
            }

SCIMでは、このJSON形式のユーザー認証データをIdP(Identity Provider)やSP(Service Provider)※とやり取りし、IDプロビジョニングの自動化を実現しています。


IdP:ユーザーの代わりにSPと認証情報をやり取りするサービス・事業者
SP:クラウドサービスなどのサービス・事業者

ユーザー認証情報の変更も自動的に同期

SCIMを利用すれば、IdP側で行ったユーザーIDの作成・更新・削除が、SCIMプロトコルにしたがって自動的にSP側に同期されます。

IdPとSPで、常に最新のユーザー認証情報が管理、更新されるので、退職などで不要となったユーザーIDがSP側にいつまでも残るような事態が避けられます。これにより、退職者などを通じた不正アクセスのリスクが回避できます。

これは、クラウドサービスの利用が一般的になった現在では非常に重要な機能です。

これまで、社内システムはActive Directoryなどでユーザー認証情報を連携していましたが、社内システムとクラウドサービスを併用する機会が多くなり、クラウドとも連携させる必要性がでてきました。

社内システムとクラウドサービスは異なるドメインのため、通常は連携させることが困難ですが、異なるドメイン間での認証情報の同期を可能にするSCIMを活用することで、その問題を解決することができます。

目次へ戻る

SCIMとSAMLの役割の違い

ここでは、SCIMと一緒にでてくることが多いSAMLとの違いについて、それぞれの役割や形式に焦点を当てて説明します。

役割の違い:IDプロビジョニングとフェデレーション

SCIMとSAMLはそもそもプロトコルとしての考え方が異なります。SCIMはIDプロビジョニングプロトコルであり、SAMLはフェデレーションプロトコルです。

フェデレーションとは、一度認証を通せば許可されているすべてのサービス・システムを使えるようにする仕組みのことです。

SAMLが認証を中心としたプロトコルとなっているのに対し、SCIMはユーザー認証情報の提供や同期を中心としたプロトコルであり、認証や認可の仕組みは持ちません。

そのため、SAMLは複数のシステム間での一括ユーザー認証(シングルサインオン)等を実現するために利用されますが、SCIMは異なるシステム間でのユーザーを構成する要素(属性)の連携のために利用されることが多い、という違いがあります。

SCIMにおける認証・認可はOAuth 2.0の利用が推奨されており、実サービスでも認証・認可はOAuth 2.0で実装されている場合が多くなっています。

形式の違い:JSONとXML

SCIMとSAMLはデータをやり取りする際のフォーマットも異なります。SCIMはJSON形式でやり取りしますが、SAMLはXML形式でやり取りします。

XML形式はHTMLの記法をもとにしたデータ定義方法であり、HTMLと同様にタグを使ってデータの構造を定義するものです。

XML形式はJSON形式が登場する前まではデータのやり取り手段として一般的でしたが、現在ではJSON形式でやり取りすることが多くなっています。

目次へ戻る

まとめ

SCIMは複数のドメイン間でユーザー認証情報をやり取りするためのプロトコルです。

企業の業務においては、社内システムだけでなくクラウドサービスの利用も進んでいます。こうしたなか、SCIMはさまざまなドメイン間でのユーザー認証情報を一元的に管理して整合性を取るために利用されます。

SAMLとの大きな違いは、SAMLが認証に利用されるプロトコルであるのに対して、SCIMは属性情報の連携に利用されるプロトコルだという点です。

近年注目を集めているシングルサインオンを実現する方法としてSAML認証が取りざたされていますが、セキュリティリスク低減などを目的に併せてSCIMが採用されることも多くなっています。

シングルサインの導入を検討する際には、SCIMの採用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

>SCIMが利用できるIdPとの連携が可能なリモートデスクトップはこちら

目次へ戻る

関連記事

シングルサインオンでよく聞くSAML認証とは? 仕組みの概要、導入のメリットを解説!

シングルサインオンでよく聞くSAML認証とは? 仕組みの概要、導入のメリットを解説!

シングルサインオン(SSO)とは? 導入におけるメリットと3つの注意点!

シングルサインオン(SSO)とは? 導入におけるメリットと3つの注意点!

IdPとは? 役割や機能、SPとの違いをわかりやすく解説!

IdPとは? 役割や機能、SPとの違いをわかりやすく解説!

目次へ戻る